2006年12月20日

414とは何なのか

今日はかなりマイナーな(しかも古い)バンド、vent 414の(多分)唯一のアルバムvent 414について。

このバンドのヴォーカル&ギターは(この時点では元)ワンダースタッフのマイルス・ハント。だからこのアルバムを買ったのだが、しかしワンダースタッフとは似ても似つかない音。マイルスの他にはベースとドラムが各1人という3ピース。ワンダースタッフが粋なポップバンドだったのに対し、このバンドはどちらかといえばヘヴィなロック。
・全くポップでない
・変拍子
・不協和音(時々)
というような音なのだが、これがかなり良い。もちろんマイルスのメロディーが優れているというのは(ワンダースタッフのものとは全く違うが)言うまでもない。

ていうか、久しぶりに聴いたらかなり興奮しました。でもヴェントを知ってる友達がいないのが寂しいです。

マイルスもおそらくセールスのこととかはあんまり考えずに作ったであろうという感じで、心底楽しんでいるという感じのヴォーカルです。

超オススメ!なんですが、アマゾンにも在庫は無いみたいだし、大きなCDショップの店頭でもなかなか見つからないかもしれません。


バンド名って意味不明なものが多いですが、しかし414ってのは何なのか。未だに分かりません。
posted by franz at 08:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。