2006年11月28日

インドの執政官

今日はクーラ・シェイカーのRevenge of the Kingについて。

コレを買うまでクーラ・シェイカーはほとんど聴いたことがありませんでした。昔、友達がよく聴いていたのでなんとなく知ってるって程度で。イメージといえば
・インド!
・ヴォーカルのクリスピアン・ミルズがかっこいい
の2点くらい。

で、今年のいつだったか忘れましたが、休日の定番HMV@池袋をウロウロしていたら目に留まったのでとりあえず買いました。


5曲入りのミニアルバムで、昔からのファンの反応は賛否両論のようですが、僕としては嫌いではありません。ていうかむしろ、2曲目のDictator of the Free Worldと3曲目のTroubadourは好きです。新しい曲は、インドか?と言われるとそうでもない気もしますが、やはり曲の進行には独特なところがあるし、かといってマニアックなだけでつまらない音楽ではありません。聴きやすいし。

そのうち昔のアルバムも買ってしまいそうです。
posted by franz at 03:18| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラバ有難うございました。Radio Head, Queenも好きですから趣味があいそうですので、これからも宜しくです。Kate Bushは86年にPeter GabrielのアルバムでDon't Give Upという曲で共演していましたが最高ですね。LostFMの情報も参考になりました〜。
Posted by れみわん at 2006年12月02日 18:41
>れみわんさん、コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。そちらのブログにもまた伺います。last.fm面白いですよ。
Posted by franz at 2006年12月03日 01:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。