2006年10月07日

女王が書いた傑作オペラ

A Night at the Opera
A Night At The Opera / Queen

おそらくクイーンファンの多くが最高の1枚に挙げるアルバム。

クイーン史上最も有名な名曲Bohemian Rhapsodyが収録されている。この大曲は3部構成になっている。
第1部…バラード
第2部…オペラ
第3部…ロック〜バラード
という感じなのだが、全てが素晴らしい。

Bohemian Rhapsodyを聴くためだけにこのアルバムを買っても全く損は無いと思いますが、実は他にもLazing On A Sunday Afternoon,Seaside Rendezvousという洒落た曲、Good Companyというカントリーっぽい名曲、Love Of My Lifeという最高レベルのバラードなどが入っていて、本当に名盤と呼ぶに相応しいアルバムです。クイーンのジャンルはロックでもポップでもなく“クイーン”と言うしかない、ということを実感させられる唯一無二の作品だと思います。
posted by franz at 02:26| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25012842

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。