2006年10月06日

破壊主義!

Macho Embroidery
Macsó hímzés / Besh o droM

THE BEST OF HUNGARIAN MUSICというコンピレーションアルバムを何気なく買って聴いてみると、1曲だけ凄まじいテンションの曲があった。それはベシュ・オ・ドロムというバンドが演奏するPusztító(邦訳:破壊主義的)という曲だった。すぐにネットで調べてみると、ベシュ・オ・ドロムはその時点で既に3枚のアルバムを出していた。店頭を探してもなかなか見つからず、HMVのネット通販で注文した。取り寄せるのに時間がかかり、3枚のアルバムを手にしたのは3ヶ月くらい後だった。

ベシュ・オ・ドロムの曲の特徴は
・民族音楽らしい独特なメロディー
・これも民族音楽の影響なのか、時折つかみにくいリズム
・ブラス
・ギターじゃない弦楽器(多分)
・笛(みたいな音)
・で、みんなテクニシャン
・しかし純粋な民族音楽ではなく、様々なジャンルが混ざり合っている
で、これらの特徴がとにかく全てプラス要因で、今まで普通に聴いてきた音楽とはまったく違う衝撃的な音楽だと思います。

Pusztítóはベシュ・オ・ドロムの1stアルバムMacsó hímzésの記念すべき1曲目。他にもこの1stアルバムには9s,Román swingなどかっこいい曲が多くあり、買って損はない(ていうか、見つけたら即買うべき)ものだと思います。ここに貼ったリンク先のアマゾンでは何故か価格が高騰してるので、興味のある方は是非どこかの店頭で入手してください。
ちなみに2ndアルバム(いずれ紹介しようと思います)だけiTunesMusicStoreで買えるので、他のアルバムもいずれ買えるようになるのかもしれません。
posted by franz at 03:03| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Hungary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24963500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。