2006年10月05日

Wonderful Songs

Construction for the Modern Idiot
Construction for the Modern Idiot / the wonder stuff

再結成前のワンダースタッフはオリジナルアルバム4枚と、ベスト盤を1枚出して解散してしまった。オリジナル最後となるこのアルバムの中にあるhot love now!を当時フジテレビで深夜にやっていたbeatUKという番組で見て、すぐにアルバムを買った。日本ではそんなに知名度の無いバンドだと思うけど、本国イギリスではかなり人気があった(はず)。ヴォーカルのマイルス・ハントはかなり上質のソングライターだった。このアルバムにもhot love now!,swell,a great drinker,sing the absurdなど名曲が詰め込まれている。2000年に再発された盤ではボーナストラックが変更(アルバム収録曲のライブバージョンだったのが、シングルのB面などアルバム未収録曲に)されたのだが、そこに入っているRoom 512, All the News That's Fit to Printという曲がまた素晴らしい。

アマゾンのリンクを貼っておきながら新品が無いみたいですが、普通のCDショップで見つけたら即買った方がいいアルバムです。iTunesMusicStoreでも買えるので、↑に挙げた曲だけでも聴く価値はあると思います。僕は2000年より前に発売された盤を持っていたので、ボーナストラックだけiTMSで買いました。

ワンダースタッフは日本人受けのいい音なのに、知ってる人が少なくて寂しいです。
posted by franz at 00:24| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ワンダースタッフいいですよね〜♪今でもたまに
聴きたくなります。トラック・バックありがとう
ございます。
Posted by seipix72 at 2006年10月05日 19:19
>seipix72さん
こちらこそ、コメントありがとうございます。
ワンダースタッフは高校生の頃、一番聴いたバンドです。今聴いてもいい曲が多いですよね。
Posted by franz at 2006年10月06日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。