2006年10月15日

美しい聖歌

Urban Hymns
Urban Hymns / The Verve

レディオヘッドの驚異の名盤、OK COMPUTERの約3ヶ月後に発売され、イギリスチャートで10週以上1位の座を獲得し続けたアルバム。OK COMPUTERと同じ1997年に発売されたこのアルバムは、聴き手の印象という観点からすると不利だったのかもしれません。僕も97年といえばやはりOK COMPUTERの年というイメージです。ただ、その陰に隠れたままでいるのではもったいない、非常に優れた作品だと思います。


リチャード・アシュクロフトを中心とするヴァーヴの『都市の聖歌』はとにかく美しい。bittersweet symphonyはストリングスの美しい音色とメロディーのリフレインで、この曲を聴くのが目的でこのアルバムを買ったのを覚えている。今聴いてもその美しさには感嘆するしかない。

だがしかし!実はもっと素晴らしい(と個人的には思う)曲があったのでした。drugs don't workと名づけられたその曲は、比喩じゃなく鳥肌モノです。まぁ実際はbitter〜よりもこっちが好きな人もかなり多いんだと思いますが。
posted by franz at 19:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(3) | UK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。