2006年10月08日

高貴な女性の愛の夢,単純男の半ギャ好き

好きなピアノ曲の中に『Grand Galop Chromatique(半音階的大ギャロップ,半ギャと略す人もいるようです)』というのがあります。もちろんリストの曲なんですが、とにかく派手な曲です。どこでどう知ったのか思い出せませんが、僕が持っているCDではボレットとシフラが弾いているものがあります。個人的にはボレットの演奏の方が綺麗で好きです。ただ、シフラのミスタッチも厭わない超猛スピード演奏と解釈(結構音を変えてます)が好きだという人も多いようです。YouTubeでシフラの演奏が見られるので、興味のある方はどうぞ。

繰り返しになりますが、この曲はとにかく派手で気持ちのいい曲なんですが、音楽的に深みが無いとかいう批判も時々見かけます。僕は「男はこういう単純で派手なのが好き」だと信じているんですが、逆に女性には受けが悪いようです。
実際に、リストの曲を聴かせると、女性はたいてい「ラ・カンパネラが一番好き」とか「愛の夢第3番が一番いい」とかおっしゃいます。個人的には綺麗に弾いていると思うボレットの演奏(半ギャの)でさえ、あまりお気に召さないようです。その度に僕は「女性というのはやはり高貴な生き物なのだな」などと思うのでした。
posted by franz at 18:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | クラシック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。